今日も猟場探索

夜勤明けですが先週と同様に鹿沼市の山に入山!この山の近くに知人がいるので有力な情報下のもとに探索…結果はいかに

猟期なので実施隊員専用のベストを装備!…ダサいけど我慢(笑)

このドキドキ感が好き

先週、入山した山とは違う山に今日は入山です。この付近に住んでいる知人からの情報で「夜になるとシカがピーピー鳴いている」という話を聞いたので有力な情報に間違いない!新しい猟場に入る時って期待が膨らむし、このドキドキ感が好きなんですよねー。もうたまらん(笑)早速探索開始!

入山から5分もしないうちに鹿の新しい足跡を発見

とある寺院の駐車場に車を停めて周囲を見ると既に駐車場の敷地内にイノシシによる掘り起こし跡があったので「これは絶対に獲物が居る!」と確信を持って歩きます。すると5分も経たないうちに真新しいシカの足跡を発見!

普段から有害駆除で入っている日光市の山より薮や低木が少なく見通しも良いし標高が高い。いい雰囲気の山だ

針葉樹林の山かと思いきや

本日の夜中の仕事の合間に(サボり?)地図アプリで山の情報を探っていました。基本的にはスギ、ヒノキの針葉樹の山なのですが部分的に広葉樹の地図記号がある…これはいい場所だ

針葉樹林と広葉樹林があり尚且つ、沢があったりと地形的に変化のある場所に獲物っている事が多い思います。こーいう山を探していたのです。

中央に濃い獣道が2本。罠には絶好のポイント!点検が大変だから罠は設置しないです(笑)

廃道?裸銃はダメ絶対!

台風により破壊された道路

山の上部に向かう時に破壊された道路を発見。なんでも数年前の台風でこのような状態になり使用は出来ないが廃道になったのかは分からないとのこと…こーいう状況での銃の管理ってどーすればいーのか?…もうわかんねーよ!

法的に登山道、農道も公道と同じ扱いになるので銃をさらけ出して携行するのはNGである。必ず銃をカバーに入れて見えないようにする事がルールだからだ。

山道を登るにつれて獲物の痕跡も多くなってきた…いつ遭遇するかわからない獲物に備えてカバーから銃を出したい!でも公道だから出せない!!こんなジレンマ初めてだ!

もし裸銃で歩いている所を誰かに「FRIDAY」されたら銃取り消しである。

釈然としないまま「チッ」と舌打ちをしつつ法に乗っ取り銃をカバーに入れたまま進むと…

ヤベェ猟師

突如「ピー!!」とシカの警戒音が( ゚д゚)

あれ?どこにいるのか全く分からない!周囲をいくら探してもシカの姿は見つからない!きっと自分の分からない所にいたはず!直ぐに探さなきゃと思うはずが…

なんか久々にシカの鳴き声を聞いたら嬉しくなって…へへへ( ´∀`)「やっぱりシカいるじゃん」なんて誰も居ない山中で笑ってました←ヤベェ奴。逃げらたくせに!

左が針葉樹林で右が広葉樹林。谷を挟んで分かれている。

シカのいた場所を探している最中で

ヤベェ奴も正気になりシカがいた斜面を探索していた所…

チャクシンアリ…

意味のないホラー感を出してすいません!iPhoneを見ると「ニコニコ本陣」からです!もう用件の察しはついてました「きっとスモークナッツの補充の件かな?」と思い電話に出ます

用件を聞くとナッツが残り3袋なので補充要請とのこと。

私は恐る恐る担当者に「すいません!今、山にいるので今日は無理です。実は自分は猟師もやっているので…」と言ったら担当者は…

「さすがですねー!実は私も昔は山岳部に入っていて山が好きなんです!鹿が増えすぎると山を枯らす事になるのでお務め頑張ってください」

そんな会話で山中で盛り上がってしまった(笑)

電話後に「…この人は山を分かっている人なんだな」と嬉しい気持ちが沸き起こってきた。

地域による鳥獣被害の実態も知らずに表面的な動物愛護を全面に振りかざす人々もいるが「獲らなければいけない動物もいるのだ」そのために我々、狩猟者は存在している。

なんかスモーナッツと狩猟が奇遇な形で1つになったような気がした…

初めてこの担当者とニコニコ本陣でお会いした時も「この人はいい人だ!」って直感的に感じたし…今日の事も上手く言えないけど「この人とは歯車が噛み合うな」って感じがして狩猟もスモークも両方とも頑張るぞ!って気持ちにしてくれたし、このような方々と多く付き合っていく事で人生が変わっていくのかな?なんて思いました。

慌てて地面蹴った感じ

電話も終わりシカのいた斜面を調べるとありましたよー。シカが慌てて逃げた足跡。

ヤマクジさんとかのレベルになるとこの足跡を追跡して本当にこの鹿を捕獲するのだろうけど今の自分のレベルでは無理です(笑)試しに追跡したけど5メートルくらいで見失いました( ; ; )

今日の探索終了!

気が付けば2時間以上、山を歩いていました。今夜も仕事なので12時前に下山。

帰りに知人の家の前を通るとちょうど庭にいたので今日の内容を話して後日、またチャレンジする旨を話すと知人からも意外な言葉があって

偶然にも本日、ニコニコ本陣にてスモークナッツをご購入されて下さったのこと!

先刻の担当者の電話では残り3袋のはずが知人の購入により残り1袋になりました。ありがたいです!

明日、商品は補充しますが今日は山に来たのにスモークナッツの売り上げの情報もリアルタイムで入ってきて不思議な一日でした(笑)

知人のFさん、シカの居場所の情報も教えてくれたりナッツも買ってくれたりありがとうございます!

なんか今日は山にいても人と人との繋がりを感じられた一日で嬉しかったですね…良い一日でした

新しい猟場の調査

今日は東京ビッグサイトで開催されている鳥獣被害やジビエ関係の展示会に行く予定でしたが同行者が火急の用事が出来たため予定をキャンセル。

てことは…山に行ける!

初の鹿沼市の山に進出

シカによる樹皮剥ぎ防止のネットがいたるところに!これは期待出来そうな場所。

実家から10分程度の所にある鹿沼市の山に入山しました。この場所は中学生の時から父に連れてきてもらっていた場所。ある程度は山のイメージは想像出来ましたが歩いてみないと分からない。

さぁ歩くぞ…

林道はわりと整備されていて車で奥に行けましたが獲物の痕跡が分からないので徒歩で痕跡を探しながら進みます。

樹皮剥ぎ防止ネットが多数あるので鹿の気配が濃いのかな?と思いきやそれほど多くない。むしろイノシシの気配の方が多い…

下草が少ないので見通しが良く遠くの斜面もよく見える

この山の第一印象は「見通しが良い」上の2枚の画像でも分かるが下草が少なく低木や薮がない。遠くの斜面までよく見える。

視力が良い私には絶対有利な場所であるけど獲物が居なければ意味がない…獲物の痕跡探しを続けるが痕跡は少ない…

朽ち果てた炭焼き小屋。20年以上前の記憶ではこの小屋周辺には人が居た。木を斧で打つ「コーン」という音も聞こえ「木こりって本当に居るんだ!」って驚いた記憶がある。
中央に石を積み重ねた水路跡。こんな山奥に水路を作るってことは近くに集落でもあったのだろうか?山に飲み込まれそうになっている人工物を見ると当時の面影を想像してしまう。

ハンターの気配も無いし痕跡も少ない…

タイヤ痕の上にシカの足跡。状態から昨日くらいのものと思われます。

予想に反して獲物の痕跡が少ない山だなっていう印象でしたけど、なんせ林道しか歩いていないの断定は出来ない。

でもハンターの気配やタイヤの痕跡も少ない。獲物が多い山なら罠の標識があるはず…それも無い。

後日、尾根沿いも調査する予定ですけどね。山に登らないと真実は分からないけど予想より獲物の痕跡が少ない山という印象でしたね。

冬季に鹿が食べるミヤマカンスゲには食痕跡が多少見られたけどまばら。食痕跡が全くない地帯もあった。
道中に見つけた洞窟?おそらく鉱石の採掘跡。一昔前はこの地帯は人の往来が多い場所だったと思われます。

結果的には獲物の目撃はなかったけど痕跡探しという意味では楽しめた。獲物が居ないわけ無いと思うけど今日は目撃無しだったので次回は尾根に登り獣道を探してみます。

今日は連投します!!

日光ファンTVで0からマルシェの模様が公開!

日曜日に行われた0からマルシェの模様を日光ファンTVさんのご協力によりYouTubeで配信されました!下記の画像をタップすると動画が閲覧出来ます。

タップするとYouTubeで日光ファンTVの0からマルシェの動画が開きます

日光ファンTV!通称ニコテレ。メンバーの鈴木榮司さんは日光市のラーメン店を取材するラーメンインスタグラマーとして活躍しておりSNSを通じて日光市のラーメンの情報発信を続けております!

森清さんなんかは鈴木さんのSNSで私は知りました!約2年前からFacebookでの繋がりはありましたが当人にお会いするのはマルシェが初めてでした。今後も宜しくお願い致します。

私にインタビューしてくれている方は橋田紀孝さん、じつは私の兄と同級生で地元も一緒。以前からお世話になっている方なんです。

ニコテレで活躍しているのは知っていましたが自分が取材を受けるとは思ってもいませんでした(笑)当日主催者として参加された0から農業、モグローカルさんのインタビューもありますので「どんな人達の集まりなのかな?」と思っている方は動画をご覧下さい。

今期の狩猟について

ありがたい事にマルシェでスモークナッツの在庫が0になったので毎日ナッツの製造です!本日やっと店舗用の安定在庫数を確保いたしました。マルシェで来場して下さったお客様からDMで徳用470gの注文も頂いていますので来月も頑張ります。

試行錯誤を繰り返し進化するスモークナッツ。

狩猟に行きてー!!( ´Д`)

自分のビジネスはもちろん大切ですが狩猟も大切!なんせ猟期はもう始まっているのに罠の点検でしか山に行けてないという状況…

今月上旬にイノシシを罠で捕獲しているので気持ち的に救われている部分はありますがイノシシ一頭程度では満足しないです!

秘密のカモ撃ち場所…知ってる人多いと思うけど(笑)

マガモ獲りてー!!

有害駆除期間と狩猟期間との大きな違い…それはマガモが撃てる!有害期間ではカルガモを捕獲していますけどやっぱりカモと言えばマガモ。通称アオクビガモ

狩猟読本より抜粋

近所の大◯ダムでよく見かけるので撃ちたくてウズウズしますね(笑)撃ったら銃所持取り消しなんで我慢ですけど(笑)

年末の年越し蕎麦はマガモのガラで出汁を取り手打ち蕎麦を打って食べるという青写真を狩猟免許取得前から描いていました。

だがしかし!

マガモがいる場所を知らないので昨年も捕獲出来ずに「普通の手打ち蕎麦」で大晦日を迎えました…

そんなわけでスモークナッツの製造の隙をみて昨年マガモがいた猟場に足を運びました…ところが道路工事のため猟場に入れないし、ダムの水が大量にあり昨年見つけたポイントに入れないという始末!!早くも黄色信号点滅(T . T)

最悪、今年捕獲したカルガモのガラがあるのでそれを使用すれば一応「鴨ソバ」は作れますが…マガモ獲りたいしなー。もしダメだったらどん兵衛の鴨そばかな(笑)

罠猟と単独猟

罠に関しては昨年よりも情熱が無いのでメインにはならないですね。下手したら今年いっぱいまでで罠を非稼働にする予定です。

メインはあくまで単独猟。やっぱり面白いのはコレなんですよ。

有害駆除期間では通い慣れた山に入ってたけど狩猟期間は今まで入った事のない山にも入れる…考えただけでスリル感とワクワク感が込み上げます!

未開拓ゾーンに足を踏み入れた時に「やべーここで熊で出来たらどうしよう」とか「もしここで死んだら誰か俺の事発見してくれるのかな?」とか頭によぎるけどその緊張感を踏み越えて山の奥へ奥へと突き進んで行くのがスリリングで楽しいんです!

もうヤベー奴みたいですけど狩猟者なんて皆こんな者じゃないですかね(笑)「鉄砲ぶちは変わり者が多い」猟友会でよく聞く話です(笑)

0からマルシェを終えて…

本日は0からマルシェに参加。売り上げも好調でしたが会場には活力が溢れコロナ以前の生活を彷彿とさせるほど活気がありました!

準備した50袋は開始1時間半で完売。追加分15袋も即完売!完売御礼です。

予想以上の売れ行きにビックリ

さて当日を迎えたマルシェ。天気も雲は多いけど雨のではないので客足には影響しないはず。私自身イベントへの参加は2年前の日光そば祭りが最後なのでコロナ禍の今、お客様の来場数が予想出来ません。

ブース外観。スモーカーは燻香を感じてもらうため展示。

果たしてお客様は来るのか…だがその不安はイベント開始30分後には吹き飛ぶ事になった。

開始30分後には10袋売れていた…持ってきているナッツは50袋である。このペースで売れると15時まで足りる訳がない。

10時過ぎになると客足はさらに増えて残り在庫は10袋程度になった。慌てて妻に家にある予備分のナッツを持ってきてもらったが、ものの数分で完売した…

11時には完売。

お詫び

ご購入してくださったお客様ありがとうございます。そして購入目的で来場してくれたのに購入出来なかったお客様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

特に旧知の方々には深くお詫び申しあげます。せっかく来てくれた知人には申し訳ない事をしました。私の想像以上に商品が認知されていたようで複数購入される方が多かったのが売り切れの要因です。

なかには6袋購入して下さるお客様もいました。非常に嬉しいです!

実店舗を持たない私が1つの商品だけでここまで売り上げを伸ばす事が出来た事には正直、自分でも驚いていますが、運営側の宣伝効果によるものが大きな要因になっています。

近隣の小学校などに広告を配布した事が大きな要因の一つで「チラシを見てきた」と言うお客様が多かったです。

八木澤ファームのブース

2年前は八木澤ファームさんのブースで初めてナッツの販売をしましたが今日は自分のブースを持って販売している…

この2年間で色々な人と出会いチャンスを頂きながら一歩ずつ着実に前進している。コロナ禍の中ではあるが確実に前進している。

夜勤専属会社員、スモーク、猟師と限られた時間の中で睡眠時間を削りながら自分の道を突き進んでいるがこの生活サイクルを自分がいつまで維持できるのか?

夢を掴み取るのか…先にくたばるか…寿命が縮む生き方をしているのは間違いないが今後も走り続けるつもりである。

0からマルシェまであと2日…

マルシェまであと2日なので出店に使う備品製作に追われています!

嫁に喧嘩しながら描いてもらったイラストボード!絵心のない私には無理です…あっキン肉マンのキャラなら上手いです(笑)ちなみにナッツは一袋500円です

ボードのスタンドは鹿のツノです!猟師の要素も入れたくてハイブリッドな売店になりますね(笑)この鹿は昨年5頭目に捕獲したもの…獲物一頭毎にドラマがあるので忘れられないのです。

ちなみにこの鹿のツノのスタンドはバランスがとてもデリケートです(笑)押すなよ!!絶対に押すなよ!!🧢💨

店の看板

DIY感全開です(笑)実は1番製作に時間が掛かってる逸品!?

これはまず鹿のツノをドリルで穴を空けて100均で売っているキャンプ用のランタンハンガーを取り付け固定しています

ちなみにこの鹿は人生で初めて捕獲したオス鹿です(3頭目)でっかいオス鹿でまるで北斗の拳のラオウの愛馬、黒王のようでした

昨年、実家の近くで捕獲したオス鹿。肉以外も有効利用しています。

看板の木材はホームセンターで購入し自分でバーナーで焼き色をつけました。小学校の宿泊学習で習った技術を未だに覚えていたから出来ました(笑)

空薬莢の名刺立て

「こんなもん作ってる奴いねーよなー」なんて思いながら製作しました。名刺は持っていっていーですが空薬莢ごと持っていかないようにお願いします(笑)

この薬莢は春の有害駆除で捕獲したカルガモを撃った薬莢です。獲物を撃った薬莢は全部チェックして保存しています。

今年唯一の鳥類で捕獲したカルガモ

久しぶりのイベント…

本当に久しぶりのイベント参加なのでドキドキです!旧知の人や新たに出会う人…どんな出会いがあるのだろう?楽しみで仕方ない!

スモークナッツ60gのみ販売します

販売商品はスモークナッツ60gのみ

私が販売するのは60gのナッツのみです。…はいこれでいーんです!これだけで勝負してるので問題なしです。日々進化しているnikko smoke momijiのスモークナッツ宜しくお願い致します。

当日は子供達も参加出来るイベントもあるのでファミリーでお越しの方も楽しめると思います。

シカゴ駐車場で僕と握手!!

nikko smoke momiji スモークナッツ生産

日曜日のマルシェ用のスモークナッツの生産が昨日終わったので今日は午前中だけ山に罠の点検です…

マルシェ用に50袋。製造完了!

11/21の「0からマルシェ」までもうすこし

マルシェ用のナッツ50袋の生産が昨日終了しました。他に卸している店舗から在庫補充要請もあり作っても作っても在庫が増えませんでしたが昨日、とうとうマルシェ用の生産分が終了しました。

在庫が少なかったわけでもないのですが先週のニコニコ本陣の爆発力は凄かった!わずか1日で欠品寸前になったりして…

オンラインでも特用が好調だったから忙しさに余計に拍車が掛かったけど本当な嬉しい事でした。

購入して下さった方々、本当に感謝です!この場を借りて御礼申し上げます。

ナッツ製造もひと段落。…てことは

山に行ける!

ついに猟期開幕!

狩猟紀章は装着義務があるので必ず装着。…去年は山で紛失したので今年は落とさないように工夫してます。(笑)

11/15は猟期開幕となります。平日の月曜日だし仕事休みだし!「これは行くしかねぇ!」と思っていたけどナッツの生産で終わりました( ; ; )

そして今日は朝方だけ罠の点検に行くと…

クッキリと足跡があるのに作動してない…なぜ?

先日、イノシシを捕獲したエリアで他の罠もチェックします…

1つの罠で空弾き!さらにもう1つ罠は獲物が踏んだ足跡があるのに罠が作動していない…

「なんでだよー2頭獲れたかもしれないのに…」と山中でブツブツと独り言を言いながら罠の状態を確認して誘引用の餌を撒きます。

冬季は山に餌が無くなるので栄養価の高い人間の食べ物を必ず食べにくる。撒いたのは古米

私が猟期を楽しめるのはマルシェも終わった後の月末からになりそうです。今期は普段行ったことのない山にも行きたいし、大型獣だけではなく鳥を撃ちたい!年末の年越し蕎麦はマガモで鴨そばの予定(笑)

最近のお気に入りの一枚

「やっぱりロックってこれだよね」って再確認出来る一枚。本当にカッケー!!

珍しく音楽の話。LUNA SEAのベーシストJさんの2年3ヶ月振りのニューアルバム。

Jさんは昔から大好きでアルバム全部聴いてますけど今回のは凄い!何が凄いって音からJさんの人物像や決意を感じる。

作曲家やベーシストとしても超一流の人だけど奇をてらう事は絶対にやらず常にストレートなバンドサウンドで勝負してくる。

本当に軸がブレない人で「ロックってこーいうもんだろ?」っていう意志を凄い感じる…ロックミュージックが持つ爆発力やスリル感を存分に楽しめる名盤と言える出来栄えです。

最近は料理する時、山に行く時、寝る時も常に聞いてます(笑)

おそらくこのアルバムは現代の世代にも支持しれるし70年代、80年代のロックを聴いてきた人でも「カッコいいじゃん」って思ってくれるアルバムだと思います。

なぜそう思うか?ロックが好きな人って世代は違えど根底は一緒だと思います。一瞬のドキドキ感やスリル感とバンドサウンドの爆発力が好きなんなんですよね。そんな魅力が濃厚に凝縮されている。そんな一枚です。

まぁロックと言っても色々なアーティストがいるし、見た目重視のハロウィンのオバケみたいなバンドもロックですけどね。…好みではないけど(笑)

やっぱり「本物」の人はカッコいい!

今回のアルバムを聴いて思ったのは「立ち止まらないで前へ進め」っていうメッセージを凄い感じてコロナ禍の時代だけど自分の信念、やりたい事、全てをプラスのエネルギーに変えて突き進んでいけ!って感じで自分自身に鼓舞するように聴いてます。

「こんな男になりたい!」俺にとってのJさんはそんな男で憧れてます。

nikko smoke momijiオリジナルスモークナッツ

日光市への観光客増加に伴いスモークナッツの売り上げが増加中です。店舗販売、オンライン販売も好調で毎日のように購入や問い合わせが入ってくる状況。いやー嬉しい!

小袋60gと徳用470g

連日のように製造

道の駅ニコニコ本陣を中心に小袋60gが順調に売り上げを伸ばしており商品を気に入ってくれたお客様がさらにオンラインで追加購入をして下さるという嬉しい状況になっております。

喜びの連鎖といったところでしょうか。夏頃は緊急事態宣言もあり取り扱い店舗も休止状態だったので、ほぼ売り上げゼロの状態だったのですが秋になりコロナ新規感染者の低下に伴って久々に日光にも活気が戻ってきた感じです。

お客様の声

昨日470gを購入してくださったお客様に購入までの経緯をお尋ねしたところこのような返答がありました。

嬉しいです…こちらも感動しました(T ^ T)

会社で仕事をしていて、稀にお客様から感謝の声などを聞く機会あると思います。私もその経験はあります。

でも「自分が考えて作った物じゃないし」とか「言われた通り仕事をしているだけだから」とかの理由で満足感って少ないと思います(不真面目な私だけかもしれないけど(笑))

でも自分で全て商品設計をして販売した商品がこのような評価を頂いた事は嬉しいし「コロナ禍でも諦めずやっててよかった」と本当に思います!

今は副業も公認している企業も多いし自分の趣味や特技を武器にしてビジネスが出来る時代なんです。

自分に特技に自信がある方はチャレンジしてみる価値は充分あります!

愛用の燻製機。燻煙が染みつき使い込まれた雰囲気が出てきました。

燻製って万人受けするものではないので私の考えとしては「万人受けしなくてもいーから一部の人に熱狂的なファンがいるブランドになりたい」そんなビジョンを開業前から描いていました。

音楽界でもそうですがCDセールスやヒットチャートの上位に入ってこないけど作っている音楽はハイクオリティなアーティストって昔から沢山います。

一部のコアなファン達に愛されるブランド…なんかロックなイメージで私好みです。このイメージを土台にして今後も新しい商品開発とかしたいです。…無難な商品ではなく好き嫌いがはっきり分かれるような商品の方がこのブランドには合っていますね。

この記事作成中にもニコニコ本陣から「在庫少なくなったので補充お願いします」とのお電話が…昨日、補充したばかりなんですけど(^_^;)…まさに嬉しい悲鳴です(笑)

猟期突入10日でイノシシ捕獲

久々に罠でイノシシ捕獲です。イノシシは3月以来という捕獲。日光市は11/1から罠猟が解禁になるので今猟期で初の捕獲。9月にコナラの多い広葉樹のエリアで罠を設置した場所です。

その時の投稿記事

餌のクリやドングリを狙ってイノシシのみ狙いをしぼり罠を設置してから早や2か月…

小型のメスイノシシ

これまでの間一度だけ空弾き(獲物の脚に罠が掛からなかった)がありましたがイノシシの痕跡は少なくシカが来てたりしていました。

シカの痕跡も無くなり何か変化が欲しくて「餌でも撒こうかな?」なんて山に行ったらイノシシが暴れ回っていました。

イノシシが暴れ地面がクレーターに…

群れの中の一頭!?

イノシシの大きさ的にウリボーではないが小さいのでおそらく群れで行動していた個体だと思われます。

子供のイノシシは親イノシシが居ないと自力で生き延びる事が困難で死亡率が高いそうです。

親イノシシ含め群れで行動していたが運悪くこの一頭だけが罠に掛かったと推測です。

捕獲場所は伏せさせていただきます。

感想としてはやはり罠猟でのイノシシの止め刺しは危険ですね。この個体はパニック状態で暴れまくっていてワイヤーが切れるかドキドキでした。

止め刺しは銃を使用しました。サベージ220の命中精度のおかげで必要以上に近づくことなく20mくらいの距離で額に一発で止め刺し完了です。

やっぱり命中精度の高い銃を持っていると心強いです。以前の自動銃の時は一発で仕留められないケースもあったので無駄に苦しませる事もありました…必要以上に近づくことなく止め刺しが行えて安心です。

ますます気に入ったぜ相棒!

色々な部位を食べてみたい!

止め刺し後に解体しましたが脂はほとんどない個体でした。体が小さいのもあるし…餌の量と栄養価の高い食べ物がこの山には少ないのかな?なんて思いながら解体を進めます。

今回は初めてハツ(心臓)とスペアリブも取りました。肋骨だからノコギリ使わないと無理かな?なんて思ってナイフを入れたら簡単に取れた!…個体が小さいから骨も柔らかいのかな?とにかく結果オーライで(笑)

スペアリブ。BBQとかで合いそう!ルービー必須ですね(笑)
ハツ。水道水で血抜きしてます

ハツの血の匂いもせずコリコリとした食感で美味い!獲物を獲った日はシカでもイノシシでもハツとビールで一杯という流れになるのが濃厚です

ヘッドショット

今回は止め刺しでのヘッドショットだったので内臓を傷付けないし血で肉が汚れる事も少なかったです。いつもは血が滲んで赤黒くなっている部位もあったのですが今回の肉は綺麗なピンク色の部位が多く「美味そうじゃん」って思えました。

射撃技術があれば毎回ヘッドショットで仕留める事も出来ますがシカにいたっては顔が小さいので射撃技術が高くないと無理そうですね。

私は仕留める事を優先してバイタルゾーンを狙う方向で現在は考えていますが射撃練習を積み重ねて頭部に当てる自信がある時はヘッドショットで狙って行きたいと思います。

精進あるのみです。

イベント「0からマルシェ」に参加

11/21に日光市で行われるマルシェにnikko smoke momijiとして参加するのでその告知です

生産者による農業マルシェです

主催者の「0から農業からの想い」

久々のイベント参加

nikko smoke momijiの紹介記事。タップするとリンクが開きます

イベント参加は2年前の日光そば祭りが最後だったので2年ぶりです。

コロナ禍で家に閉じこもる生活にもすっかり慣れてしまいましたがこのようなイベントの話を聞くとコロナ前の楽しい記憶が蘇ってきますね。このまま終息に向かってくれるのを祈っています。

今回のマルシェ参加は昨年に私を取材して下さったモグローカルさんと日光市で新規で農業を営もうとしている若者。宮本、佐々木両氏の「0から農業」が共同で企画したものです。

趣旨は「生産者による農業マルシェ」

日光市には素晴らしい食材と生産者がいるのを知って欲しいという思いからなる企画です。

もちろん私は農業者ではなく燻製商品という加工品を販売していますので生産者という立場ではないのですが、動物による農業被害を防ぐ猟師という側面もあり農家をサポートするというポジションで今回のイベントに参加させて頂いています。

興味のある方は是非、足を運んでください!