更新頻度低いですが元気にやってます!

最近はTwitterやInstagramに力を入れているのでブログの更新頻度が減りました。ヤル気がないわけではないです!今回は最近の近況を整理して更新したいと思います。

有害駆除はいかに…

単独猟は睡眠時間を確保するために日の出直後とかの時間帯では行ってません。(当然、遭遇率も低くなる)

去年は単独猟で初捕獲のために睡眠時間を削り無理をしましたが今年はそんな無理をしません。健康に勝るものないです!

しかし罠は継続して続けています。先週にイノシシを罠に掛けるも逃げられてしまいました。

ワイヤーの先端にはイノシシの毛が付いていたので間違いなく罠に掛かった模様

そもそも罠を増設した動機は「センサーカメラでイノシシが罠に掛かる瞬間を撮影したい」という思いからでした。

狙った場所で罠に掛けるまでは計画通りでしたが逃げられるとは(泣)

残念の極みです!下記の画像で罠を踏む前のイノシシの画像を確認出来ます。

日付がおかしな事になっていますが先週です。

けっこう大型のイノシシですねー。他の画像でもがなり警戒してる様子だったので罠への踏み込みが浅かったのかなー。

ちなみにこれ以降、この場所では痕跡がパタリと無くなりました( ; ; )チックショー!

SNSや動画投稿について

最近のYouTubeでの投稿の理由を語ります

前から気になっていた一品

以前から気になっていたsnow peakのチタンマグ。燻製用のスモーカーを含めて複数のsnow peakアイテムを所有している私ですが「山で使用する軽くて頑丈なマグカップが欲しい」という願望から購入する経緯となりました。

購入はAmazonで2,915円でしたね。snow peakの商品て値段は高いけど満足感は高いです!

つまり長持ちするアイテムだけら愛着が湧くという事でしょう。

動画内容の通り「入魂」も終了していますので今後、山での頼れる道具になると思います(笑)

動画のクオリティーは低いとしても自分の中で内容は大事な作品です。

ジビエと野草のコラボレーション作品ですけどストーリーが好きですね。

どこの田んぼにもある「ノビル」というネギ科の植物に目をつけて鹿肉と焼き鳥風にコラボさせるというコンセプトはレアなのではないのかな?

おそらくノビル知らない人は「その小さい玉ねぎみたいの何?」となるでしょう!

たしかにその通りでノビルの味は硬い!ネギ臭い!青臭い!という野生味溢れる味でした。

ちなみに短編動画を昨日、Twitterに投稿したところ再生回数も700以上を超えたしリツイート回数も数件あります。

反響が多いってことは「世の中の常識」では無かった事。という事なんですかねー。

まぁそんな変わり者が居てもいーですよねー(笑)「あいつ草食ってるよ!」みたいな感じで驚きなのかな?

でも食べられる野草だし楽しみ方は人それぞれでいーんじゃないですか(笑)

今後も山野の食材とジビエの可能性を追求していきたい!こーいうの大好き!面白すぎる!

Twitter &Instagram更新

面倒くさくない鹿肉ジャーキー

前回の投稿から間隔が空きましたが動画制作に四苦八苦しておりました!難しい(笑)数をこなして上達するしかないですね

動画撮影の難しさ…

今回の動画投稿において実感したのは調理風景の撮影って難しい!

動画を見れば分かりますが料理なんて100%素人です!自分の好きな食材だから頑張ってるだけで料理に自信なんてないですよ(笑)もうハッキリ言っておきます。

肉の下処理シーンで筋膜や脂肪をトリミングするシーンがありますが苦労しました(笑)

どのアングルで撮影したら良いのか分からないので手探りでカメラのアングルの微調整とかしたり、映ってはいけない部分のカメラワークとかは気を使いました。

肉を触った後にiPhoneの操作するのは嫌だったのでセッティングは本当に大変でした(笑)ちなみに撮影は全てiPhone12のみです

燻製のポイント

トリミングを終えた鹿モモ肉

燻製の面倒くさい点

  • 塩入れ、塩抜きに時間が掛かる
  • 塩抜き後の乾燥に時間が掛かる
  • 食材の水分が多いまま燻製すると煙と水分が融合し激まずになる
  • 燻製工程の前までに数々のミッションがあり数日間掛かる
  • 最終工程の燻製で失敗すると「今までの時間返せ!」と叫びたくなる

動画タイトルで「面倒くさくない」と言っていますがそれでも充分面倒くさいです(泣)なので今回は簡略化して作りました。

塩分濃度の高いソミュール液不要

ソミュール液とは塩分濃度の高い液体で肉などの塩入れに使用します。

生ハムってありますよね?そのまま食べると塩辛い味すると思いますが肉の中心にまで塩分を入れる事により肉内部の水分を排出し腐敗を防止して保存性を高めているのです。

今回のジャーキーは肉の厚みも5ミリ程度なので塩分濃度の高いソミュール液は使用せずに焼き肉のタレを使用しているわけです。

鶏の唐揚げとかも醤油等で漬け込みしますが鶏は家畜です。鹿は野生の生き物なので処理状態によっては血液が肉に残るので血を排出する意味でも2日間という時間を掛けて漬け込みをしました。

塩抜きは短時間で

焼肉のタレで漬け込みをしましたが塩分が高いと台無しになるので30分程度塩抜きしました。

塩分濃度は丁度良い感じでした。「少し味が薄いかな?」という加減がジャーキーには適していると思います。

燻製の敵は水分

燻製の最大の敵は水分です。

食材に水分が浮いた状況で燻煙と融合すると酸味に変化し激マズ燻製になります。もう何回も失敗しているので間違いないです(笑)

今回は時短レシピという事もあり強制的にフライパンで熱を入れて水分を排出しました。

水分の少ない食材は燻煙がストレートに食材表面に付着するので酸味が発生する可能性が少なくなるのです。

その結果、失敗しないジャーキーに仕上がるし時短にもなる。さらに加熱工程が2回になるので生焼けの可能性もなくなるというわけです。

あの動画ではそこまでの意図は伝わらないと思い補足してみました(笑)

燻製に興味がある方の参考になれば幸いです。

コロナ禍でのイベントについて

昨日ある団体からDMがありnikkosmokemomijiとしてイベントに参加して欲しいとのメッセージを頂いた。

私の知らない団体の方でしたがスモークナッツを大変気に入ってくれたとのこと…イベントの趣旨は「日光市の良い物を知ってもらう」というテーマ。

嬉しい気持ちはもちろんあるがコロナ蔓延中の世の中…さてどうするか。

コロナ禍において

昨年11月のイベント参加の際は新規コロナ感染者も抑えられていた状況だったので私も快諾し参加した

だが今は栃木県においてもオミクロン株の感染者が激増している状態だ

この状況下でのイベント参加は非常にリスクが伴う…しかも場所は宇都宮インターパーク。

ショッピングモールがある人流が多いこの場所で何故今のタイミングでイベント?と思った。

当然、私も主催者側にはコロナ感染のリスクがあるので懸念の意思を伝えた。

主催者側としてはイベント3週間前にコロナ感染者の動向を見てイベントの可否を決めるという…

イベントは2月の下旬予定なので残された猶予はあと1ヶ月…

驚いた事は既に地元の日光市の団体や企業の参加も決定していて延期になる事はあっても中止はないということ。

ハイリスクハイリターン

自分の商売だけを考えれば参加したほうが認知度も上がって売り上げにも直結するだろう

それは11月の地元のイベントでも立証されているし、さらに他の参加団体の方達との繋がりも出来て今後のビジネスが優位になる可能性だってある。

…でもなんか気が乗らない(*´-`)

コロナ感染のリスクは当然頭にあるけどそれだけではない

商品のアピールを続けて売り上げが伸びるのは良いが、一方で私の休息時間は削られていくのである。

スモークナッツ60gと470g

スモークナッツの製造には時間が掛かる…1日の製造で30袋程度しか作れない。しかも夜勤明けで製造するパターンが多く身体は休む時間なし(笑)

猟をやっている以上は山にも行く!いや行きたくて仕方がない!!

このバランスを維持するのがけっこう大変で昨年秋の行楽シーズンで日光市が観光客で賑わいを見せた時は毎日スモークナッツの製造して身体が疲弊しました。

スモークと猟師は私にとってどちらも大切な両軸なのですが今年は均衡が破れるような気もします(汗)

今回のイベント参加の是非については正式な回答はしていませんが家族にも相談し参加可能なら行ってきます!

自分が好きで始めた事業だし中途半端にやるのはつまらない。やるならトコトンやってやる!

寿命を削りながらの人生耐久レースは今年も続くのである。

2021年を振り返って…

ついに今日で2021年も終わり…今年もコロナ禍で日本も含め世界情勢が目まぐるしく変化した年でしたが大晦日を迎える事ができ安堵しております。粗末なブログながら閲覧してくださった皆様ありございました。

1年間お世話になりました。

大晦日に思う事…

昨年と同様に猟や有害駆除に明け暮れた1年間でしたけど自分の燻製商品が少しずつ認知されてきているのを実感した1年でもありましたねー

夏場の緊急事態宣言時には売り上げ0なんて月もあったし、疑心暗鬼になる時もあったけど諦めず継続してきて本当に良かったと実感しています。

売り上げ好調の470g

今年はコロナで忘れかけていた「人との繋がり」を11月のイベントに参加して思い出させてくれたし、お客様との交流の中で自分の商品にも自信を与えてくれました。

コロナ禍で商品を製造していてもお客様の声を直接聞く機会が無く、商品に対して自信が持てなかったというか…信じられるプラス要素が少なかったですね

想像以上に商品が評価され、県外からのリピーターも増加した事は本当に自分のメンタル的にも凄い大きな自信になったので「ブレない心」を持てるようになりました。

11/21 0からマルシェ参加

来年はどうする?

今の副業程度の事業規模を考えると資金や場所とい問題もあるので事業の急拡大というのは無理です。今後の野望として意識はしているという感じ。

なので当面は現状維持!夜勤会社員、狩猟をやりながらの現状維持もかなり大変ですけどね(笑)

でもここで日勤業務の仕事にでも再転職したら今までの積み重ねてきたものが全て無くなるし…それにもう自分が興味や関心が無い仕事なんて出来ません(笑)死んでも嫌だ!

変わり者とか白い目で見られても来年もこの方法で突き進む!一歩ずつでも前に進んでいけば、やがて大きな変化がある時が必ず来るから…

猟関係

忘れられない単独猟で初の捕獲

猟関係については今年は昨年よりも捕獲数は減りました(鹿3、猪2のうち単独猟での捕獲は鹿1) 今年は罠よりも単独猟に力入れてるから捕獲数上がらなくて当然だけど掛けた時間の対価としては鹿I頭は少ない…もちろん自分で分かってるから来年はもっと実績上げたいです。

でも山で鹿を目撃する回数は昨年よりも格段に増えましたね!これは本当に嬉しい。自分の思いとして、この「獲物を発見する能力」を猟で1番重要視してます。だから今年は捕獲数上がらなくても気にしてない(笑)獲物を見つけられなければ撃てないし。

タラレバになっちゃうけど今年の始めからサベージ持っていたらあと3頭は捕獲数増えていたと思います…春、夏は自動銃で撃って外しまくりでしたから

あと罠の空弾きは格段に増えた(泣)罠もまだまだ下手くそです

お気に入りの愛銃サベージ220f

重大発表あり?

昨日、知人から面白い提案を受けたので来年は猟関係でも多数の人を含めて新しい活動を行うかもしれません。企画倒れにならなかったら必ず公表します!1人でやるのも楽しいけど複数人だと楽しみも倍増しそう。

皆様良いお年を…

今日は大晦日なので最後の単独猟行きたいけど…年賀状まだ書いてない事を思い出した(笑)行けたら行きます!

カルガモで出汁取ってジビエ蕎麦で年越ししたいと思います。

皆様、I年間お世話になりました。良いお年を