鳥獣被害対策実施隊員として…

疥癬症に感染したタヌキの駆除

今日は朝から市の職員の同行の下で疥癬症にタヌキが出没するという住宅街に行きました。早速現場を到着するといきなり幼いタヌキを発見!疥癬症に感染してる影響でしょうが、タヌキは我々を恐れる様子もなく虚ろな表情で周囲を彷徨いやがて姿を消しました…

疥癬症とは?

  • ヒゼンダニというダニによってひどい皮膚病がおこる病気
  • 疥癬症に感染した野生タヌキは毛が抜け落ち、象の様な皮膚になり、衰弱して最悪、死亡します。
  • 感染した動物との接触や、感染した動物と行動圏が重なることで、感染します。もちろんペットにも
トウモロコシをエサに箱罠を設置

被害宅の住人によると夜な夜な物音や動物の活動音がするという事で住人自ら調査をしたところ、毛の生えてないタヌキの群れが住宅の裏庭に出没しており、糞による悪臭も酷く市役所にご一報という流れになったそうです。

疥癬症になったタヌキは自力で餌を探す能力も低下し箱罠で簡単に捕獲出来るとの事。しかしさっきの小さなタヌキまで捕獲して殺処分するという事は正直、気が進むことではないです…「でもペットにも感染のリスクがあるし蔓延させるわけにはいかない!」自分に言い聞かせるようにして、捕獲後の流れを住人と確認しこの場を去りました。

その後、ククリ罠の点検で…

イノシシが罠に掛かり暴れた跡

いつもの猟場で毎日のククリ罠の点検です…山の斜面が荒れている。「獲物が掛かった!」胸に緊張感が湧き起こりましたが直ぐ収まりました…

獲物がいない!

斜面の荒れ模様を見るとイノシシがククリ罠に掛かったのは一目瞭然でした。ククリ罠のワイヤーは見えるのにイノシシが居ない…考えられる事は1つ。「脚を引きちぎって逃げた」…

塩ビ管の先のスプリングにはイノシシのヒヅメ部分が確認出来ます。※あえて脚の断面が見えないように撮影しました。

現場確認に行くと予想通り、ワイヤーに括られたイノシシの脚だけが放置されておりました。夏場の暑さも伴い銀蝿がビッシリと群がっています。状態を確認すると今まで捕獲したイノシシを凌駕する大きな脚に驚くと同時に罠はしっかりと足首部分に掛かっておりました。その上部から引きちぎったように肉の繊維が垂れ下がっております。

狩猟免許取得時のハードルは低い罠猟だが現実は残酷や危険な場面もあります。点検、止め刺しも含め他力本願でなく自分で責任を持てる事が必須条件

罠猟においてこのような事態が起こり得るのは承知済みなので、「俺にもそのような時が来たか」と思いつつ、ヒズメの大きさから推測する私にとって過去最大のイノシシが掛かったようです。もし罠に掛かっていた状態で対峙していたとしても私が無事に捕獲出来た保証はありません。ちなみにこの罠は6/22の投稿で設置したククリ罠ですhttps://www.ibushidou.com/?p=2912

銀蝿が群がる脚から罠を外し山中に脚だけ埋葬した。このイノシシは3本脚で生きていけるだろうか?人間を恨むのは当然だろうな?とか朝のタヌキといい複雑な思いが胸に浮かんだ…狩猟や有害駆除に従事する以上は永遠に付き纏う悩みだがそんな事を考えてしまう一日だった。でも私は猟を続ける。

センサーカメラ設置

便利な道具はフル活用!

本日は以前から獲物の気配があり怪しいと思って居た場所にセンサーカメラを設置してきました。センサーカメラって価格も安いしこんな獲物の有無を確かめるには本当に便利です。

調査の際には便利な自動撮影機能を装備

この場所は…獲物の水飲みルート

頂上の尾根沿いに獣道が形成されており沢に続いております。

以前からこの場所は気になっていた場所で斜面には獲物の気配があるのに目撃した事はない!…それなのに日に日に獣道が濃く形成されています。なのでセンサーカメラを設置して獲物の正体を調べる事にしました。

昨年購入したセンサーカメラ

このセンサーカメラは静止画、動画を撮影可能で録画時間等も変更可能です。画面を見ながらその場で撮影した画像も確認可能です。防水仕様で雨天での使用も問題ありませんでした。画面がバグりフリーズしてしまう事はたまにありますが故障する事無く現在も使用しています。使用メディアはマイクロSDカードなので紛失注意です

ちなみに私は既に一枚喪失しました(T . T)詳しい製品スペックは下記のリンク先で確認して下さい。

Enlleo【最新版】 防犯カメラ トレイルカメラ 小型… https://www.amazon.jp/dp/B07K72T6DJ?ref=ppx_pop_mob_ap_share

このカメラで撮影した動画

下記の動画は冬から春先にかけて同じ場所で撮影した鹿です。夜間や朝方に活動している様子が映っています。この動画をきっかけに鹿の居場所が分かったので遭遇率がグンと上がりました。ちなみに先日、銃の開閉音を悟られて逃げられた場所です(笑)

タップするとYouTubeで動画が開きます

ヒグラシと猟師

画像をタップするとYouTubeで閲覧出来ます。岩に隠れて委託射撃の姿勢ですが実包は装填していません。

梅雨明け

昨日、梅雨明けとなり昼間は強烈な暑さとなりました。昼間に山に行くより涼しくなる夕方に行ったほうが獲物との遭遇率がアップする気がしてあえて夕方狙いの入山です。

鹿も熱中症になるらしい…

ネットで見た受け売り的な情報ですが夏場は鹿も熱中症になるそうですね。奈良公園の記事を目にしましたが大部分の鹿が日陰に移動して動かずジッとしているようです。中には冷房の効いた店舗の前に移動して少しでも冷気を感じようとする鹿もいるらしいです(笑)そりゃこの暑さでは鹿もツライですよね。

ヒグラシがいる場所って涼しいのかな?

山に入るなりいつもの巡回ルートを歩いたのですが17時過ぎなので山の中は暗いです。その中でヒグラシが沢山鳴く場所と全然鳴かない場所があり「なんか関係性があるのかな?」と思いつつ「暗い場所と涼しい場所にヒグラシも集まるのかな?」…待てよ。てことは「鹿もそのエリア周辺に居るのか?」なんて勝手な妄想を膨らませてその場で待ち伏せしていました。約1時間程、同じ場所で待っていましたが獲物は来なかったです(笑)動画はその時のものです。

今日は目撃なし

だけど夏らしい風情を感じながら待っている時間も楽しめました。私は自分の生活リズムもあるし短時間でしか入山しない(でも毎日山には行ける)ので獲物の目撃がない日が多いです。でも1年間同じ山に入っていると季節毎に新たな気付きがあり飽きないです。あれだけ雨に降られるのが嫌いだったけど雨量が多い事で沢の水が増水し自分の足音や気配を消していてくれた事にも気が付きました。梅雨明けしてから水の音がかなり小さくなってます。山って凄い、全部繋がっている。

本日も有害駆除で入山

第六感が的中

今日も鹿の有害駆除で単身入山。夜勤明けなので10時からの入山となりましたが、今日は山に入った時から何となくいつもと違う雰囲気があり(何か生き物の気配がある感じ…)いつもは歩きやすい山道を歩いて行きますが今日はあえて獣道で目的地まで登って行きます。

忍び足で歩くこと約10分…

鹿が居た場所

目的地に到着

そこに鹿が居た…

ヨシ!( *`ω´)

距離はおよそ50〜60m。

直ぐに近くの藪に身を隠し鹿の様子を観察。どうやら鹿は3頭いてメスの群れです。ちょうど春にこの場所でメス3頭の群れを見た事があるので同じ個体の可能性もあります。しかしこの場所は人間の生活音などは一切聞こえない場所なので辺りは静寂に包まれています。もし枝を踏んで「パキッ」とやれば鹿は人の気配に直ぐに勘づくでしょう…慎重ににポジション取りを行います。

しかし鹿が私のほぼ正面の位置に移動してきたので頭を動かすと鹿にバレそうなので頭は動かさず指先の感覚だけで実包を装填する事にしました。遊底は開放済みなので指先の感覚だけで実包を薬室にいれます。実包が薬室に入りあとはラッチを押しながら遊底を静かに閉めるだけ…ですがここが問題。

「カチッ!」

ヤベッ!∑(゚Д゚)

僅かに音を出してしまった!どうやら銃の「マナーモード」に失敗した模様です(~_~;)鹿の様子は…3頭居たはずの鹿が一頭しかおらずその一頭も小走りで逃げて行った…

え⁉︎今の音聞こえたの∑(゚Д゚)

鹿が去り際に軽く「ピッ」と警戒音を発して姿を消した…まるで「じゃあねーポンコツ猟師」とでも言われているようにも感じました。

ち、ちく……( ゚д゚)…ちくしょうめぇぇー!!(ベジータ風)

残念!!(T ^ T)

鹿の聴力を甘く見ていた訳じゃないですけど野生動物の能力は凄いです。僅かな金属音でしたがバレてしまいました、もう今日は鹿に脱帽です。最近は川や沢沿いで鹿を目撃する事が多かったので自分の足音や気配を誤魔化せていただけだったと痛感しました。

草木が生い茂るが夏毛の鹿は分かりやすい。だけど体が隠れて狙い難い。一長一短てとこですかね。

以前と比べ鹿との遭遇率は週2回程度まで上がってきました。(単独捕獲を試み鹿を最初に目撃したのは4ヶ月目)いずれまた射撃のチャンスが訪れると思うので、また次の機会を狙いたいと思います。…遊底を静かに閉める練習をした事は言うまでもありません(笑)

憎らしい天気…

連日の雨で地盤が弛み倒れた木、山のあちこちに見られます

雨がこれだけ憎いらしいと思った事ない…

本当に雨が憎らしい…連日の雨で山で過ごす時間が減少してきました。誤解されると嫌なので雨が降っても罠の点検は欠かさず行くし新たな罠の設置を行う時もあります。私が嫌なのは銃を持った状態で入山し不意に土砂降りに遭うのが嫌なのです。銃は錆びるし実包に水が入りそうで気になって仕方ない。大気が不安定なので予報も外れる事が多いし何を信じていーのやら…今日は雨が降り出す前の時間帯だけの入山です。

最近の傾向から「暗くて涼しい場所」を探しましたが目撃は無し。そして「ゴロゴロ」と雷の気配が…

約2時間程でしたが獲物の目撃も無く雨が大降りになる前に撤収。「あーつまらねぇ」そんな感情ばかりです。もっと山に居たいのに!

最近買ったお気に入りの弾差しを装備

明日の朝は天気どうなのかなー?今日は夕方狙いで入山したかったのに予報が雷雨になってから昼間行ったけど目撃無しだし。夕方は予報外れて雷雨になってないし…イライラが募ります。

射撃練習

栃木県ライフル射撃場にて標的射撃

宣言通り射撃練習に行ってきました!栃木県ライフル射撃場です。

自宅から車で20分程度。栃木市のニッコー射撃場まで行かなくて済むので本当にありがたい!行く前に電話で混雑状況と「スラッグ射撃練習は今日が初めて」という旨を伝えましたが心良く対応してくれました。早速射撃場へレッツゴー!

自宅から車で20分という距離にライフル射撃場がある!栃木市まで行く必要がなくなった!これは日光市民のハンターには朗報です。
これが50mの射台位置です…遠くには標的がありますが小さくて見えづらいですね。

50mって凄い遠い…

50mって凄い遠く感じます!あんな標的に当てられるのかな?不安が募る…15m先にいる鹿に弾丸が当てられないのに50m先の四方45cmの標的に本当に弾が当たるのか?ともあれスタッフの方の助言も頂き射撃開始!

とりあえず何発か撃ってみて徐々に修正を加えていきます

やっぱり照準が狂っていた

射撃開始から6発目まで紙的に弾着なし!困ってる私を見てスタッフの方が「紙的の上に弾がいっているので思い切って下側を撃ってみて」との助言。言われた通り撃ってみると紙的の左上に弾着。中央に当てるにはどうしたものか?

紙の大きさは四方45cm。円は直径33cmです。射撃20発のうち8発が左上に集中。15発目位からようやく中央に当たり始めた。

俺の銃にスコープがのるかも!

思い切って紙的の右下を意識して射撃すると中央付近に当たり始めました。やはり照準が狂っていました。しかしコツを掴めそうな頃には弾丸がなくなりました。今日は31発の射撃を行い射撃場の使用料金と弾丸代も含め約1万円の出費というところです。やはり鉄砲は金が掛かりますね(笑)昔から「金持ちの道楽」と言われる事も分からない訳ではないです。ですが今日は非常に楽しかった!射撃が上手くなるには練習が必須なので自分のペースで無理する事なく定期的に行いたいです。

射撃が終わり帰りにスタッフの方々と談笑しているとテープで補強してある私の銃の照準部分を見て「これスコープなんとかのりますよ」との言葉が!「まじか!」私の銃は旧式のためスコープを載せる事は不可能と言われてきたため照準部に不具合があるがビニールテープや瞬間接着剤で補強して使用しています(金を掛ければ出来るが高額)スコープのカタログまで見せてくれて具体的な話までしてくれた。もう本当に嬉しかった。今日は射撃練習に来ただけなのに悩んでいた銃の照準についても改善出来るかもしれない!今後の期待大です!

射撃練習の実包購入

久々のミツボシ銃砲店

射撃練習用の実包20発と有害駆除用の実包10発を購入。手前は実包の弾差しを衝動買い(笑)

今日は射撃練習用のスラッグ弾を宇都宮のミツボシ銃砲店で購入しました。この店舗は宇都宮では老舗の銃砲店で以前見たネットの口コミでは「関東の3大銃砲店」と言われていました。品揃えは猟銃、実包、アクセサリー類の他にエアーガン、モデルガン等も取り扱っており品揃えは豊富です。サバゲー好きな方にもオススメです。

中古品で頼んでいた意中の銃はまだ入荷ならず。…

店舗に行く前に電話で実包の有無を確認してから来店する事にしましたが、電話でも店長が丁寧な対応をして下さり安心して購入する事が出来ました。今回は射撃練習用のスラッグ弾20発と野外フィールドで使用するスラッグ弾10発です。あと以前から入荷待ちとなってる私のベタ惚れしているハーフライフル銃、Browning A-boltの入荷状況を確認しましたがまだ入荷未定とのこと…早く欲しいなぁ。

思わず衝動買い

猟の際に実包はいつも上着のポケットに入れていましたが紛失の恐れがある上にカチカチと音もなるので理想の弾差しを探していたのです。もうこの商品パッと見た時に「一目惚れ」でしたね。デザインとカラーリングが私好みですし、上カバーがマジックテープ仕様だと「ベリベリ」と音が鳴って山では音が響くんですよね。その点この商品は樹脂製のホールドが付いていて音が出ない。そしてリアルツリー柄!これは買うしかない!衝動買いだったけど良い物と巡り会えて大満足です!さて明日は射撃練習頑張ろう!!

実包は最大14発収納可能です。実包ホルダーがややキツイ感じです。#20実包です
実包10発入った状態。非常にコンパクトでベルトループも付いてます。

お詫び…

昨日の投稿で途中での執筆中止で申し訳ありませんでした。本日続きを書きます。

本日は朝イチから銃の清掃と照準部分の調整

昨日の鹿はまさに天が私に与えてくれたような絶好の機会であった。この一週間で2回鹿を目撃して2回とも射撃まで出来た。ほんの数ヶ月前までは鹿を目撃する事も出来なかったのに格段の進歩といえばそうだろう…でも結果は捕獲なし。

問題はここなのだ。仕事でも猟でも「結果が全て」である。中間過程はもちろん大事だが1匹の成果も出せず、ダメな理由ばかり長々とブログで語り己の失敗を正当化する気は私には無い!ダメなものダメ。下手な奴は下手。言葉で何も語らず原因を自分で考えて出直してこい!それだけである。

原因

昨夜は鹿の射撃シーンが脳内にこびりつき夜中でも思い出し浅い睡眠となった。万全の体制で必中の射撃だと思っていた弾丸がカスリもせずに外れた事は後悔よりも潔く負けを認め現状の改善を行うべき、という前向きな気持ちに私を導いた。先週の投稿でクレー射撃の投稿があったが鹿撃ちに使用している銃ではない。鹿撃ち用のスラッグ銃(一発玉専用の高威力)では射撃練習は未だ行っていないのです。理由としては昨年は罠猟メインでやっていたので銃を使用する時は罠に掛かった獲物を至近距離で撃つので外す心配がほとんど無かったからからである。鹿の場合は本当に至近距離で撃つしイノシシの捕獲時は暴れるので10m位の距離で撃っていましたが狙い通りの場所に1発で仕留めていました。照準もしっかり合っていたし「スラッグ弾は弾代も高いし、これなら練習する必要もないかな」と安易な考えを持ってしまった事が今回の失敗の原因です。(もう一つの銃で射撃練習は行っていたので射撃練習を行わない事は違法行為ではありません)

やっぱり射撃場で練習と調整です。

スラッグ弾は1発当たり250円と高額ですが、こうなったら射撃練習をやるしかない!そうしないと獲物が獲れない。射撃練習を敬遠していたのはスラッグ弾の費用の他に射撃場が栃木市まで行かないと練習出来なかった事もあります。「遠くて面倒くせー」おそらく日光市の住民ならば誰でも思いますよね(笑)今年の4月に宇都宮市新里に「栃木県ライフル射撃場」がオープンしました。これは朗報です。早速、今週中に射撃場に行ってきます!

今日も連投!山に射撃に楽しい1日でした

AMは山で鹿を目撃

今日も罠の点検を兼ねて山を探索。少し前まで「この山で昼間に鹿は見ない」と断言していましたが条件が整えば昼でも遭遇出来るような気がしてきました。時間帯はもちろんですが気温、湿度、あと太陽の照度!これ重要だと思います。

というのも一昨日、鹿に逃げられ日は、入山した時から「いつもより山が暗い。…でも涼しくて過ごしやすい」そんな印象でした。今日の入山時も同じ様に涼しくて太陽の陽が当たらない斜面は暗い感じです。「もしかすると今日は鹿に会えるかも」そんな予感がしていました。

画用紙サイズの違和感…

約150m先に鹿がいますがiPhoneを目一杯拡大して撮影したけど鹿は映らず。iPhoneよりも優れる私の視力(笑)

一昨日、鹿を射撃した場所を過ぎて「今日は鹿を目撃出来ないかな?」なんて思っていた矢先。…ふと上方の斜面に違和感を感じました。距離は150m以上ありましたが尾根の直ぐ下方の木々の間に画用紙ほどの大きさの「明るい茶色」の何かが目に止まりました…そうこの色は鹿の夏毛の色。私は確認のため凝視しました。「これが倒木や切り株だったら動かない、もし動いたならそれは鹿に違いない」そのまま凝視すること数秒後、その茶色は動いた!予想通り鹿でした。採食活動をしている様子まではっきり見えました。時折、こちらを凝視していましたが慌てる事なく採食活動を続けていました。もしかすると私の姿を発見していたのかもしれません。ですが先に発見したのはこちらの方です。ライフル銃やハーフライフル銃を持っていれば狙撃範囲になりますが遠すぎてお手上げです(笑)鹿を撃つ気は最初からなかったのですが鹿を見つける能力が向上している事に喜びを感じてしまいましたね。その後、上記の画像を撮影後に鹿の姿は消えました(笑)

午後は射撃練習

先刻前のYouTube投稿にもあった通り、午後は久々のクレー射撃です。YouTubeでは良いところのみトリミングして投稿していますが内容はボロボロです。銃免許取得時に行う教習射撃時のスコアと同じ25発中11発のスコアでした。ダメだこりゃ(笑)動画を撮影しようと思った動機は射撃フォームを確認したかっただけで投稿はオマケです(笑)下手くそと思われても仕方ない。特に右方向のクレーには1発しか当てられなかったし…先日、カルガモを1発で仕留めたから多少の自信あったけどまだまだですね。