2020年大晦日

年の瀬に嬉しい事が#スモークナッツ#nikkosmokemomiji

昨日は一般のお客様から初めて製品購入に関する問い合わせを頂きました。日光市に旅行に来られた際にスモークナッツを購入して下さり、また購入したいとのご連絡でした。現行のスモークナッツ販売から約一年間経過するが問い合わせ等は0件だったし。コロナの影響もあり日光市に観光に来られる人の数も減少していた。正直な話「やっぱり個人が作って販売している商品なんて売れるわけないか…」と落ち込んだ時期もあった。でも諦めず製法を改良し続け「これは美味いしいしパッケージデザインも良いから誰か気に入ってくれる人が必ず現れる。それまでは我慢だ」と自信を持ち機会を待っていた。そして昨日ついにお客様から購入依頼の一報が入った。…もう本当に嬉しかった。「とても美味しかったと」その言葉にどれだけ励まされることか!以前にも書いたが商品の中身、パッケージ、燻製まで他の人を頼らず全てセルフプロデュースで行ってきた。コロナ禍の状況において諦めずにやってきた甲斐があった。本当にありがたい話です( ; ; )

会社員、個人事業のスモーク、狩猟、

今年は1月から夜勤専属の会社員となり朝に帰宅しそれからスモーク研究、狩猟のための山通いをするといった生活を1年間続けました。もちろん睡眠時間は以前に比べて減りましたが日々の充実感は以前の何倍にも増えました。自分の得意分野で収入が得られる事もあり活力が自然に湧いて次々と課題や欲求を満たすべく行動していきました。

来年

来年はどうするか…「もう走り続ける」これしかない(笑)少なからずこのブログを見てくださっている方々、乱雑な内容ながら1年間の愛読ありがとうございました!この場を借りてお礼とさせて頂きます。皆様にとっても良い一年になるよう祈願し今年の最後の投稿とさせて頂きます。

nikko smoke momiji…今年最後ジビエ料理?

鹿スネ肉のスープカレー

鹿スネ肉…いつか料理しようと思っていたが気が付けば2ヶ月間位冷凍庫の中に😅勿体ない!今日はスープカレーに挑戦。というのも私は以前からカレーの研究をしていたので香辛料も揃ってるし(前職場が香辛料を取り扱う仕事)それなりに知識はあるのです。しかしこの鹿スネ肉焼こうものなら硬くて食べられません🤮しかし煮込む事で硬いスジの部分がゼラチン質に変化して柔らかくなるのです。

加熱前のスネ肉

2時間位煮込んだところ肉もかなり柔らかい食感に変化!こりゃ美味いわ😁もしかしたら背ロースよりも好きになるかもしれない(笑)さて今年も残すところあと2日。来年も狩猟を通じて様々な出来事があると思いますが頂いた命を無駄にせず人に喜んでもらえるような「命の繋ぎ方」をしていきたいと思います。

nikko smoke momiji…罠猟

罠猟仕事納め

今日で仕事納めの企業もあると思いますが私の罠猟も本日で仕事納めです。設置中の罠を全て封鎖してきました。今年は鹿5頭と猪2頭という猟果でした。昨年は鹿1頭という猟果でしたので大きく躍進しましたが課題は山積みです。しかし今年ほど山に行った年は今までないです。罠の点検がメインでしたが、ほぼ毎日行きました。毎日山に通う事で山中での些細な変化や獣の痕跡、失敗を繰り返しながらも罠を仕掛ける場所も実戦で習得していきました。罠猟にしかない動物との見えない駆け引きがあり広大な山中で12cm程度のくくり罠を自分が「ここだ!」と思った一点で踏ます。これが罠猟の醍醐味です。正月明けには罠猟再開ですが来年は解体技術やジビエ料理にも磨きを掛け「命を大切」にしていきたい。

nikko smoke momiji…クリスマスイブ

ヤマドリ探し

昨日、今日とヤマドリ猟に行って来ましたが肝心のヤマドリを一羽も発見出来ないという事態( T_T)鹿探しをしている時にはちょくちょく見かけだけど、実際にヤマドリ狙いで猟に出ると目撃ゼロ!本当に悔しい😭なんでだろ?クリスマスにヤマドリのローストでも作ろうと思っていたけど捕獲出来なければ問題外😩仕方なく定番のKFCを購入!もちろんKFCは美味しいけどヤマドリ獲りたかったなぁ…

nikko smoke momiji…獲っては食べる

マグロ

見事な赤身のマグロ…ではなく鹿肉のモモ部分です。先週から鹿肉ジャーキーを作っています!毎回色々と試行錯誤しながらジャーキー作りをしていますが今回も漬け込み液は塩麹がメイン。だけど今回は味噌と蜂蜜をプラスして風味とまろやかさをプラスしております。

今回の漬け込みは2日間。塩抜きは1時間です。画像は加熱前の乾燥工程ですがとにかく今週は寒い!だけどそれがスモーク作りには良い。夏場なら腐敗が進むので冷蔵庫でしか乾燥は行えないですが、ここは日光!北風が冷たく雪をチラついています🥶野外に一日中干していても問題なし。スモーク作りしてる時は本当、日光市民で良かったと思います(笑)スモーク工程も昨日終了しました(画像撮り損ねた)今日も一日中外に干して水分を飛ばしています。おそらく常温保存可能です!完成したら画像アップします。

nikko smoke momiji…夜明け前から出撃!

イノシシ奇襲作戦

昨日発見したイノシシの寝床に日の出前から奇襲を結構!普通に歩くと2、3分で到着する場所ですが忍び足で射撃ポイントまで近づいていったため20分程度で到着!…しかしイノシシは居ませんでした。まぁ「居ればラッキー」と思っていたので落胆はしないです。あと何回か繰り返して早朝や夕方にイノシシが現れないのなら罠を設置します。罠を掛けられる場所は多数あったので様子を見て罠の投入ですね!

この現場にはこんな物が!人間用(オス)の罠ですね(笑)さすがに手出してないけど若い時なら「山の恵みにに感謝」なんて言って喜んでいたでしょうね(笑)ゴミを山に捨てるな!ベッドの下に隠しておけ!

nikko smoke momiji…謎の石碑

今日新規猟場調査

AMからカモの猟場調査。Googleマップやカーナビを駆使して鴨のいそうな野池などを調査しましたがどこも不発!カモどころか水がない野池までありました(笑)カモがいる野池もありましたが近隣に住居が凄く近い距離にあったので断念!狩猟マップでは狩猟可能エリアでもやっぱり家が近くにある場所ではやりたくないです。逆の立場でいきなり自宅の側で鉄砲ぶっ放されたら誰だって驚くしトラブルの原因になるでしょう。最低限のマナーは守って狩猟をやりたいですね。

良い場所あった!

カモ猟はあきらめて別の山に入山。実はこの山に以前、イノシシ用のくくり罠を仕掛けていたのですがカモシカを多く見かけたため罠での捕獲は断念した場所。罠がダメなら銃で直接捕獲はどうだろう?と思い奥に入り調査。この場所のイノシシの気配は凄い!もう最強…いや最恐です!もうイノシシの足跡しかないし。山全体に藪が多く鬱蒼としておりイノシシの住処には最高の場所ですね。この場所を「イノシシ山」と名付けました。…しかし視界が悪いから気が付いたら動物と至近距離で鉢合わせ!なんて事も充分ありえます。そんな中でも最も気配が濃い場所を発見!しかも私の銃でも充分狙撃出来る場所!もう明日は早速、夜明け前から行ってきます!!

山中にこんなものが

山中でこんなものを発見。「庚申供養塔?」養って漢字が読めない(笑)庚申塔というものらしいです。由来は中国から伝わった庶民の道教信仰の象徴だとか…建立時期を調べましたが元号が無く「十月…?」と書いてあります。右側下部には「小倉村」との文字が。たしかこの地域って複数の地域が合併して「落合村」となったはず。それも昭和初期位の話じゃなかったかな?だとすればこの塔はそれ以前の明治、大正時代のものか?塔の周辺をよく見ると塔の台座のようなものがあり土が塚の形状のように盛り上がっている!倒れた塔の埋没加減からして近年に塔が倒れたと思われます。今は完全に山中にあるこの場所に100年位前は道があったって事なのかな。…うーん。それを考えると感慨深いなぁ。思わぬ場所でロマンを感じてしまった1日でした。

nikko smoke momiji 狩猟研修

朝日を受け輝く中禅寺湖

昨日は日光市主催の奥日光で銃取得4年未満の者を対象にした研修会に参加しました。研修の内容は鹿を対象とした銃猟で技術向上を目的として研修者に1人ずつ指導員が付き巻狩形式で行うというもの。研修者は全員タツ場(獲物を仕留めるポジション)に付き指導員がサポートをするという形で大規模な巻狩が始まりました。当然、銃取得2年目の私も指導員の指示のもとタツ場に着き鹿が姿を表すのを待ちます。なんせこの場所は国立公園内であり普段は狩猟禁止のエリア!「鹿の群れが見れるかも!」期待は膨らみます。

正面の斜面に鹿が現れるの静かに待つ。

タツ場に到着し勢子(鹿の追い立て役)の情報を無線で確認しつつ準備態勢を整えます。数十分後、銃声が響き無線で情報が次々に入ります。「イノシシ4頭捕獲」!鹿ではなく猪が先に捕獲された模様。なかには「猪二頭が湖を泳いで逃げた」などの一報も。「鹿出てこないなぁ」なんて思っていた時に少し離れた斜面から「ガサガサ」と物音!目線を送ると鹿らしき動物が藪の中の斜面を駆け上がって行く様子でした。姿が確認出来ないので発砲は出来なかったですが、その数分後に銃声が聞こえ無線の情報によると「鹿を二頭捕獲」とのこと。どうやらさっき逃げた鹿が別のタツ場にいた射手に捕獲された模様。これ以降、鹿が姿を表す事なく残念ながら終了となってしまった。一時は雪が降り寒さに耐えながらの研修だったが野生動物が相手なのでこちらの思うようにはいかない。これも経験値の1つとして自分の中に蓄積していくだろう。

nikko smoke momiji…同じオスとして思うこと。

1ヶ月ぶりの鹿捕獲

昨日、罠で鹿を捕獲しました。捕獲までの経緯を言うといつも山道の同じ場所に鹿の足跡があったので付近にセンサーカメラを設置したところ数日後にオス鹿の姿がバッチリ映っていました。問題はどの獣道を使って鹿が来るかなんですが、付近にある痕跡が新しい箇所があったので、罠を設置し様子を見る事にしました。

翌日です。なんと!…鹿が掛かっている、だが先日に設置した場所ではなく、少し離れた別の罠に掛かったのです。読みは外れたとはいえ1ヶ月ぶりの捕獲。正直嬉しい。でもこのオス鹿…よく見ると片方の角が短い。オス鹿同士の喧嘩で折れたのかな?長い方の角も変形しているし。珍しい角…なんて余裕たっぷりで思っていた私だが、この後オス鹿の生命力に驚愕するのです。

弾当たってるよね!?

捕獲に向けて準備を整えた私は止め刺しのため、猟銃に弾丸を装填し鹿の首に狙いを定め引鉄を引いた。轟音とともに鹿がのけぞり命中箇所を確認。「狙い通りの場所に弾が当たった。さぁ銃はもう要らない」と思い銃をケースにしまおうとした時に、ふと鹿を見ると…鹿と目が合った。「あれっ…なんで?弾当たっているよね?」鹿は平然としており私を見て目をまばたきしているのまで見えた。…なんで平気なの?意味が分からないまま「急所を外れたのか」と思い次弾を装填し今度は頭部に狙いを定め発砲。鹿は悲鳴と思われる声を上げた、このまま地面に倒れると思っていたが鹿は倒れなかった。鹿を見ると背中から血を流している。弾丸は狙いの頭部を外れ背中に命中してしまったのだ!私は愕然とした。もう弾丸が無い…鹿の止め刺しでは今までは初弾で仕留めてきたので弾丸を2発しか携行していなかったからだ…銃は使えない。さてどうする。

弾がないなら

鹿の様子が豹変した。角を突き上げる動作をし私に対する敵意が剥き出しとなり威嚇の声を上げ交戦的な姿勢をとり始めたからだ。「テメーなにしやがる!ぶっ殺してやるからこっち来い」っといった意思を本能的に感じた。「鹿を傷つけている以上、早く楽にしてやりたい」残された手段はナイフによる止め刺しがない。私は棍棒による打撃で失神させてナイフで止め刺しする方法しか無いと思い、棍棒の代わりになる木を探した。手頃な太さの杉の木があったので手に持ち鹿に近寄る。鹿も角を突き上げ応戦の姿勢を続ける。しかし背中を撃たれているせいで応戦も長続きしなかった。一瞬の隙をみて頭部に一撃を与え鹿を失神させ。その隙にナイフで心臓部分に刺した。鹿は間もなく絶命した。

解体時に被弾箇所を確認したが初弾は頸部の真ん中に命中していた。急所を外れていたのだろうか?2発目は背中の背骨を砕いていた。背ロース部分は血が回り可食不可能と判断し破棄せざえるをえなかった。なんとか捕獲出来たが、このオス鹿の闘争心と生命力には驚愕した。今年はオス鹿を4頭捕獲しているが全てのオス鹿が壮絶な最後を遂げている。足が千切れそうになっている鹿や、足が折れているのに全力で逃げようとしてさらに別の骨を折る鹿。動物の「本能的な行動」で片付けてしまえばそれまでだが、生きることへの執念や闘争本能。同じ「オス」として、このオス鹿に敬意を払いたい。

nikko smoke momiji…イノシシベーコン完成!

中々の出来

イノシシベーコン完成です。塩麹漬け込み5日、塩抜き1.5時間、乾燥2日、スモーク3時間、スモーク後に燻煙を馴染ませるのに2日。全工程に8日間を要しました。(日数かけたから美味いとはかぎらないけど)

参考までに作り方を紹介

猪バラ肉なんですが重さは計量していません!漬け込みに使用したのがハナマルキの塩麹。多分、全国各地のスーパーで売っているでしょう(笑)なぜ塩麹を使用したのかと言うと塩分濃度が高いので短時間で肉の中心まで塩味が入る事。副産物として麹の旨みが肉に入る事。ソミュール液を作るのが面倒くさい事。などの理由ですね。

漬け込み5日後。肉を取り出して軽く水洗いし水気をキッチンペーパーて拭き取り乾燥工程へ…アウトドア用の乾燥ネットに入れ日陰で二日間乾燥です。

2日間乾燥を行うと余計な水分が飛び肉が引き締まります。そしてスモーカーにスモークチップを準備しスモーク開始。今回はヒッコリーチップを使用しました。

燻製完了!約3時間行いました。前工程の乾燥工程をしっかり行ったので余計な水分が出る事無くスモーク工程がスムーズにいきました。この後、燻煙を馴染ませるのに2日間、外干しして完了です。