やっぱり居た鹿…

今日も一撃離脱の猟

鹿が居た場所

先日センサーカメラで捉えた鹿が休憩していた場所に日の出直後に行ってみると…居ない(T-T)しかし「まだ周囲に居るかも?」と思い忍び足で進みます。かなり草木が生い茂ってきており草を静かに手で避けながら進むと視界が開ける場所に着きました。何気なく横を見ると「ガサッ」と音がしました!!なんと鹿と鉢合わせです。反射的に「ウオッ」と驚きの声が漏れて、鹿も反転し逃げ出したと思った直後…鹿の動きが止まりました。

初めて銃の照準に入る

ついにチャンス到来!鹿との距離は20メートル位です。「この距離なら当たる!」大きな音を出さないように静かに弾丸を装填します。目線は鹿を捉えたまま鹿の様子を見ると、立木に体の大部分を隠し顔だけ出してこちらの様子を見ています。「標的面積の小さい首と顔しか撃てない」という状況ですがこの距離なら当てられる自信がありました。静かに銃を構え引き金を絞ろうとした瞬間…鹿の姿が消えた…「ピィー」と警戒音を発して薮を駆け上がっていく音が聞こえました。

惜しいけど安全第一

斜面の薮の隙間から尻の白い毛がチラチラと見えましたが藪が濃くて追跡は諦めました。しかし鹿はしばらくの時間その周囲で鳴いていました。下の動画はまさにその直後の様子です。

鹿はメスで珍しく単独で行動していたようです、逃げ込んだ後に、鳴き声が2箇所から聞こえたので近くにも別の個体がいた可能性は高いです。今日は「撃てる鹿」との遭遇だったので惜しい気持ちはありますが、鉢合わせという珍しい状況だっので装填が間に合わなかったです。最初から装填しているのもアリかもしれないですが安全面を考えれば怖いです。過去に装填中に枝につまずき転倒して、あわや暴発という経験から私は獲物を見つけてから装填するようにしています。やはり安全に勝るものはないです。

今日の気付き

  • 鹿を見ても大きな音を立てず、最小限の小さな動きで行動すれば鹿は逃げない
  • 鹿は逃げる際に必ず立ち止まる。この瞬間が最大の射撃チャンスであり、その瞬間までに装填を完了させておく事が必須である。
  • 今までに無い20メートルという距離まで鹿に忍び寄れた。
  • 装填、照準まで時間が掛かり過ぎる。獲物を発見後、反射的レベルで射撃準備が出来るように自宅での反復練習が必要。
  • 自動銃の特性上、装填時に大きな音が出るので獲物に勘づかれる(逃げられる)いかに静かに素早く装填出来るかがポイント

自動銃の装填

通常の装填方法。ガシャーン!!と音が鳴っています。続いて指で押さえながら静かに装填。音は静かだが装填不良となるケースもあるので注意。

「1人では獲れない」と言われた単独猟

銃所持許可当初から「初心者が1人で獲るのは無理」と言われ続けた単独での獲物の捕獲ですが最近になり「イケる!」と確信を感じるようになりました。通常ならどこかの猟隊に所属させてもらい先輩猟師に教えを乞いながらスキルアップを重ね猟果を上げていくのが王道だと思います。初心者の私に気を遣って下さり猟隊に参加しないか?と優しい声を掛けてくださる方もおりました。ですが私はシフト制の仕事なので土日をメインに猟を行う方々とはスケジュールが合わないのです。

完全独学でスタート。

私に残された手段は一つ…「1人でやるしかない」昨年は罠猟の方に集中し銃猟の方はカルガモを撃つ程度だった。昨年中期から今年にかけて罠猟で一定の成果を出す事が出来るようになり罠猟における基本は学んだつもりだ。残すは「銃猟」…昨年から罠の点検も兼ねて昼間からシカ探しを幾度となく行ったが昼間に発見する事は一度もなかった。場所や時間帯も研究し最近になり、ようやく「自分だけが知るシカの居場所」を見つける事が出来た。夜勤専属という自分の生活スタイルの中で出来るだけ睡眠時間を削る事なく自分だけの猟の方法をずっと探していた。早朝の短時間だけに的を絞る、この一撃離脱型の方法は獲物が居ない事も多いが短時間ゆえに集中力を発揮出来るし、早ければ30分程度でその日の猟は終了となる。昼間の時間帯に3時間掛けて山歩きをして鹿を探した事は何回もあるが目撃無しだった。それに比べてこの方法に切り替えてから3、4回に一回は鹿と遭遇している。非常に合理的な方法で自分の生活スタイルを壊す事なく体への負担も少ない。

完全独学で始めた単独猟。幾度となく単身で入山し試行錯誤を重ね、無駄な事も沢山した。結果残ったものだけが知識や技術となり、一歩ずつ獲物捕獲に向けて距離を縮めている…課題は多いがもう少しで初の獲物が獲れそうな予感がしている。

雨の山も良いですなー

久々の罠設置

罠設置中の一コマ

今日は雨模様ですが罠の点検はサボらず行きました。雨の山も独特の雰囲気があって良いですね!葉に滴る雨音を聞きながら罠を設置するのもこの時期ならではの風情といった感じがあります。今月は罠で獲物の捕獲が無いので増設を行いました。選りすぐりの場所に4箇所設置していましたが捕獲に至らないので新たに3基増設です。

人間臭の対策に雨の日に設置

画面中央にくくり罠設置です。

人間臭…嫌な言葉ですよね。どれだけお前は臭いんだよ?って言われているような気になります。ちなみに「におい」を漢字変換すると「匂い」と「臭い」の2種類が候補で上がります。

うーむ(-.-)…「匂い」は女子的なイメージやフルーティーでライトなイメージを連想させますが「臭い」はどうでしょう?もはや「におい」ではなく「くさい」と連想する方が大勢だと思います。私が思うには動物は「匂い」の方が嫌いだと思います。何故なら自然界には無い人工的な香りがするし、シャンプーや柔軟剤なんて香りが強烈の物多いですよね。反対に「臭い」は人間の呼吸や発汗した臭い。認めたくないけど主に男子臭などが大部分だと思います。(※脱糞した場合は除く)最近メディアでも露出が多い茨城県の女性ハンターのノゾミさんなんて、女子力高そうだしいい匂いしそうですよね?(男性的見解)なのに罠猟でバンバン獲物を獲っている。罠猟はそんなに人間の匂いって影響あるのかな?…私はそう思っています(笑)去年は私も匂いに気をつけて行動していたのですが、最近では山の中でもタバコをふかしたりします。…だってそれでも獲物は罠に掛かるし「あんまり関係ないじゃないかな?」と最近は思います。でも単独猟の場合はタバコは吸いません!以前、シカの風上にポジションを取ったら直ぐに勘付かれて「鹿ってすげー!」と体感しましたからね。

鹿レバー炒めで一杯

そんな疑問を抱きつつ家に帰宅し鹿レバー炒めで一杯やってます♪鹿肉の在庫少なくなってきたから早く獲りたいなー

昨日の市長選挙

昨日は大嶋前市長の逝去に伴い日光市市長選挙が行われました。粉川氏と阿部氏による一騎打ちとなりましたが結果的に約90票差で粉川氏の辛勝。阿部氏は前回の大嶋前市長との選挙戦と同様に惜敗となりました。

惜しい

自分ごときが阿部さんの事なんて語れないですけど1つだけエピソードがあります。阿部さんとは去年の12月に日光市主催の猟歴3年未満のビギナーハンターを対象にした実地研修でご一緒させて頂いた経緯があります。普段は狩猟が出来ない奥日光の国立公園エリア内で特別に鹿の捕獲が行えるというものでビギナーハンターはベテランハンターとペアを組み捕獲のノウハウを学ぶという内容でした。

阿部さんとタッグで鹿を待ち受けた場所

私のパートナーは阿部さんでした。阿部さんは射撃の指導員にも任命されている方なので射撃場でお会いする事はありましたが、この日まで、まともにお話する機会も無かったのです。実際にお話すると優しくて気さくな方で、自身の過去の武勇伝などを披露することも無く、逆に自分の過去の失敗談などを冗談も交えて話してくれました。おかげで私はリラックスした状態で研修に望めました。銃という危険な物を扱う事に対する注意点などは真剣に教えて下さりました。現在もその教えは忠実に守っています。鹿を発見する際の目線の配り方や射撃のコツなども教えてくれましたね。

私は1人のサラリーマンであり1人の猟師でもありますがブログを通じて政治的な発言はするつもりはないです。同じ猟師として接点があったから阿部さんに心情が傾いたのは確かです。ですが粉川さんが嫌いな訳ではないです。自分の故郷の日光市を良くしてくれる市長なら誰でも歓迎ですよね!それが一般的な意見だと思います。…でも阿部さんには猟や銃に関しては色々と教えていただきたいです!

山菜ソムリエ合格

正直、自慢にもならない

4月に受講した「山菜ソムリエ」取得しました。もう少し嬉しい感情が生まれると思っだけど「べつに…」って感じですね(笑)

なんか試験問題の時点で違和感があったんですよね。そもそも「山菜」というカテゴリーなのにキノコ類の舞茸の問題も入っていたり、食べられないウルシに関する問題が多数占めていたりしました。そもそも山菜ってアクが強い食材が多いしアク抜きの方法とか、自生している場所、オススメの食べ方などの問題が出るものだと予想していました。たしかにコシアブラの新芽はウルシと似ているし誤食すれば食中毒を起こします。最低限の情報は必要だと思いますが…あまりにもウルシに関する問題多すぎでしょ?って感じでした。そのくせ合格証の申請に5,000円も掛かるそうです(笑)なんでそんなに高額なのかな?印刷するだけでしょ(笑)そんな高額な合格証恐れ多くて私には不要です…あくまでも私の個人的な意見の話ですが…

㊙︎厳選!鹿の撮影コレクション

まずは朝方と昼間の鹿

よく見ると5頭います。こんなタイミングで鹿に遭遇したら最高なんですけどねー。それはズバリ「運」です!…は?猟師の実力?そんなの関係ねー!
どうした!何が起きた!?俺はその日この山に行ってないぞ!!誰かいたのか?

YOASOBIする夜の鹿。

雨に濡れてブルブルする鹿(笑)可愛いいメス鹿。私のタイプのメス鹿です💕…周囲に他の鹿もいますね。眼が光ってます
食べながら眠る鹿?器用な事出来るな(笑)「ながら睡眠だな」…こっちも寝ながら仕事したいわ。…こんな状態でも鹿は警戒心解いてないです!中央の鹿は草木に体を隠し首から上から見えてないです。20時に近い時間帯なのに。もうこんな時間に山に居る人間は完全にイカれた野郎しかいないでしょう!私は変態だけどイカれてはないです(笑)
カメラを点検しに来たオスの人間。上の動画と同じ場所での撮影です

センサーカメラを設置しているのを忘れていて久しぶりに点検に行ったら面白い映像が沢山映っていました(笑)静止画含めて120枚位の映像が記録されていましたが今回は厳選した映像をアップします。映像の下側に時間が記録されていますがほとんどが夜の映像なんです。朝や昼間の映像は上記の2枚位しかないんです。いかに鹿が人間を恐れているかが分かります。要するに銃で撃てる時間帯に鹿と遭遇するのには確率的にかなり低いです。

このブログを見ている方。「いつになったら鹿を撃つんだ?」と思っていると思いますが、この山で銃を撃てる時間帯に鹿を撃つのは難しいんだってば、見ればわかっぺ?

今日のセンサーカメラ設置場所の画像。もう草木が生い茂ってキリンが居ても見えない視界です。

映像に記録された鹿はほとんどが群れで行動していました。単独で行動していたのは動画二枚目の子鹿のみ!子鹿は好奇心旺盛なので単独でこのような行動にでたのでしょう。何かいたのかな?見事な逃げっぷりです(笑)やはりこの山では銃よりも罠の方が有利なようです。…でも銃で獲りたい!諦めずに頑張ります!

new装備品の双眼鏡&腕時計

少しずつ装備強化です

単独猟を続けるにあたり装備品の更新です。まずは双眼鏡!今までは兄から借りていた倍率10倍口径25のものを使用していましたが感想として「視界が狭い」静的視界を見る分には申し分無いのですが動物は動きます。視界が狭いので一度見失うと再発見するまでに時間を要します。もうこの時間が無駄!私の理想の双眼鏡は「目の延長」というイメージです。もともと視力は良いのですが「遠くの斜面に何かある…でも肉眼では見えない」という状況下でその何かを確認したいために使用します。基本的には肉眼で動物を探して、それでも見えない時に双眼鏡を使用するイメージです。なので今回は低倍率の6倍を選択し視界範囲の広さを優先しました。

Vixen アトレックライト6×30

情報収入に半年間を費やし8倍か6倍かで悩みましたが、購入したのが6倍タイプのVixen アトレックライト6×30です。双眼鏡って使用する用途や自身の性格に合わせて購入した方が絶対良いです。私がこの双眼鏡を選んだ理由として

  • 軽量
  • 防水仕様
  • 値段も安価(一万円以上はしてますが…)
  • レビューでの評価が好評

まずは重量ですが山を登るのに重たい物を持つのは誰でも抵抗がありますし、大きいと邪魔になる。私は性格上、山では軽快に動きたい人間なので倍率を犠牲にしても軽くて機動性のあるタイプを優先しました。アトレックライトの重量は500g。他の8倍率の双眼鏡は重量700g〜1kgに近いものもあります。軽い事は私にとって絶対的なアドバンテージです!重くてシンドイ→だから使わなくなる。という流れが予想されたので低倍率で視野の広いタイプを選択しました

予想以上に遠くまでよく見えます。

昨日、使用しましたが視界も明るくてクリアに見えました。私は忍び猟中心なので200m位まで見えれば充分です。視界だけではなく、匂い、聴力も忍び猟では必要なので、この双眼鏡の性能には満足しました。何より軽いので気軽に持っていけるところが良いです。そして防水機能も装備しているので急な天気の崩れの時にも問題無さそうです。早く忍び猟で使ってみたい!

ミリタリーウォッチ

SEIKOミリタリーウォッチ(逆輸入品)

そして腕時計も購入!今までは山でスマホで時間を確認していたのでポケットからゴソゴソやっていました。もう本当に面倒くさい!腕時計なんて持っていますがカジュアル用のタイプなので山に持って行く気にならずスマホを使用していました。この時計の良い点は

  • バンドが金属ではないので軽い
  • 塗装がマットな感じなのでピカピカ光らない
  • 私好みの外観
  • 防水

などの理由から購入しました。ピカピカ光る時計って好きじゃないんです。山で使用するものなのでタフで使いやすく軽い事が求める条件でした。まぁ時計なんて好みだしロレックス装備して行くのも個人の自由ですが(笑)やっぱり私はミリタリーテイストが好きなんです。

難しい単独猟

最近感じている事をメモに

  1. 鹿が別の山から夜にやってくるので昼間この山には鹿が居ない
  2. 日の出時刻前に奥山に帰る(発砲出来ない)
  3. シカが人を発見しやすい頂上手前の見晴らしのいい場所に陣取っているので容易に近づけない
  4. 昼間単独で居るのはカモシカ(姿を確認しないと誤認している可能性大)
  5. シカは夕方になっても姿を現さない。現すのは完全に真っ暗になった夜。20時以降の時間帯(センサーカメラで調査済み)
光学機器や電子イヤーマフも使用

状況を整理するとこんな感じです。特に1番のそもそも鹿が居ないのはキツい。もちろん私も「そんなわけない」と思い躍起になり半年間、山中を探しました、ですが昼間の目撃はゼロです。目撃している時間帯は全て早朝。しかも単体ではなく群れです。(夜明け前や夜明けの30分間)この時間帯がポイントです。というかこの時間帯でしか捕獲は無理だと思っています。今まで姿を確認出来ずに単体で逃げたと思っていたのは多分カモシカ。…カモシカめ、あの時の俺の胸の高鳴りを返せ!

GPSアプリ「ジオグラフィカ」での記録。もう点と点が繋がり私の頭の中でこの山の地図が出来ています

厄介なのが鹿が見晴らしの良い山頂付近で休んでいるので容易に近づけない事です。しかも途中から体を隠す木も無くなる場所があるので「丸見え」状態。…鹿は本能的にそのような場所を選んで外敵から身を守っています。本当にしたたかな生き物。しかも発砲可能な時間前に山奥に帰ってしまうともうお手上げです。上手く回り込むとか別のルートで登頂するなどのパターンもないと厳しいですね。

狙撃ポイントでポジションの確認を行ってます。

色々と情報の整理のため書きましたが、鹿を見れるようになってきたのは事実!見れるって事は撃つチャンスも多くなってきた事です。だから絶対に諦めない!必ず好機はくる!俺はしつこい人間なのだ!

今日も夜明け前から入山

暗闇の山…

AM4:00 漆黒の山の中。心霊番組のロケのようだ(笑)

昨日の宣言通り昨日より30分早く入山!物音ひとつしない暗闇の中を粛々と歩きます。山の中は頭上が木々で覆われているため本当真っ暗闇です!ヘッドランプが無かったら完全に視界ゼロという状況∑(゚Д゚)心霊番組によくあるロケ中での機材トラブルとかありますがヘッドランプが急に消えたらパニックになりますね(泣)

順調に目的地まで進む

4:15分頃。空が明るくなってきた(本日の日の出時刻は4:39分)

昨日のように、いきなり鹿と遭遇する事なく目的地まで進みます。目的地まで20分程度ですが忍び足で進みます。日の出時間の10分前に狙撃ポイントに到着予定なので順調なペースです。

狙撃ポイント到着

見通しが良い尾根沿いの斜面で待ち伏せ

4:30に狙撃ポイント到着。我ながら完璧なペース配分に満足(笑)大きな杉の陰に隠れ準備を整え発砲可能な日の出時刻を待ちます。これで獲物が来れば言う事なし!という感じですが昨日のように動物の気配はありません。感情論としては「せっかく夜明け前から入山して良いポジション取れたんだから鹿よ出てこい!」って感じです(笑)ですが出てこない…そもそもこの山で2日連続で同じ場所にいる鹿を見た事がない。昨日の遭遇でプレッシャーが掛かったのかな?どちらにせよ短時間での「一撃離脱の猟」なので本日は5時過ぎに終了です。…鹿が獲れなければただの変態だなこりゃ(笑)

実績ポイントに縛られてしまう?

釣りでアルアルの話。「行けば必ず魚が釣れるポイント」私も過去に何度か経験しました。ですがこれは猟では通用しない!だけど脳には実績ポイントとして「あそこに行けば鹿が居るかも?」とインプットされてしまう。そしてそれに縛られて行動してしまう自分…様々な課題があり葛藤していますが、そろそろ初の獲物を獲りたいです。

春の鹿祭り!

今日は夜明け前から山に入山

連休という事もあり猟のため酒もほどほどにして昨日は早めの就寝。夜明け前に山に入り、最近獲物の気配を感じる尾根を目指します!

いきなり鹿と遭遇!

4:25入山開始。ヘッドランプで視界を確保。山はまだ夜の状態。iPhoneの補正で明るく見えてます

夜明け前なので山は漆黒の闇。初の使用となるヘッドランプを調整しつつ、いつもの林道を300mほど歩いた時に、「あれ?白い何かがある?」と思った瞬間「ピィー」と音を発し「白い何か」が動いた!いきなり鹿と遭遇である。鹿の尻の白い部分だけがくっきりと視界に入ったのである。

鹿は3頭の群れで斜面の向こうへ消えていった。いつも誰もいない夜の山に人間と遭遇したので鹿も面食らったろう(笑)

それは私も同じだった。入山開始早々に鹿の目撃など今まで1回もなかったからである。「やはり夜は鹿が活発に行動している」

今日の夜明け時間は4:40。現在は4:25分。まだ発砲出来ないし林道上なので銃もカバーの中だ。この鹿は「撃てない鹿」なので追うのを諦め目的の尾根を目指す。

またしても遭遇…

昨日、少量の雨により地面の葉が濡れていて忍び足で音が出にくい。「好都合だ。いきなりの遭遇もあり今日は何かいつもとちがうな」と思いながら忍び足で数歩進んでは止まり、双眼鏡で周囲を観察。これが私の忍び猟で行動の基本サイクル…

双眼鏡も昨日ネットで新調したので「新しい双眼鏡いつ届くかな?」なんて思いながら斜面の観察を終え、次の一歩を踏み出した途端。

また「ピィー」と鹿の警戒音!なにぃー∑(゚Д゚)見るとたった今、双眼鏡で観察をした場所から鹿4頭が飛び出し尾根の向こう側に消えていきました。日の出から5分経過していたので「撃てる鹿」ではありましたがあっという間の出来事でなす術がありません。

呆気にとられる私。あの鹿は最初に林道で遭遇した群れかもしれません。人間が来たので尾根沿いの見晴らしが良い斜面まで逃げて、その後私の様子を警戒していたのでしょう。採食で動いている鹿ならば肉眼でも見えますが、この群れは斜面にしゃがみ込んで完全に山と同化していたので双眼鏡でも気がつきませんでした。…恐るべき鹿。なんてしたたかな動物なんだ。

その後、鹿の鳴き声を追って追跡!鹿は尾根を超えて中腹の斜面に逃げ込んだ模様です。ですがこの中腹の斜面は薮が濃く忍び足でも気配を消して歩く事は困難な場所。先日、この斜面を調査したので地形は把握しております。斜面を降りると谷になっており使用頻度の濃い獣道が斜面がいくつもありました。よって深追いせず尾根上から探しますが発見には至らず。

尾根に逃げ込んだ鹿の鳴き声

その後も続く遭遇!

黒いのでイノシシかと思ったがカモシカ

その後、軽く休憩し別ルートの探索。「ガサガサ」と獲物の気配!…画像上のカモシカでした(笑)この画像を撮影中に奥の斜面で「何かが動いた?」ような気配を感じ画像のカモシカをシカトして先に進むと…また別のカモシカがいる(笑)もう今日は春のシカ祭りです。

この山では「一撃離脱」の猟が適している

総括すると本日は鹿7頭(同じ群れの可能性あり)カモシカ3頭、おまけで車での道中で田んぼでイノシシ一頭(笑)少し時間を早く入山しただけで今までより多くの動物と遭遇しました。

この山では日の出からの1時間が捕獲のチャンスと言えそうです。ただ夜は発砲出来ないので夜のうちに入山しておいて日の出の時間には狙いの場所に待機。鹿が山奥に帰るルートを狙って狙撃というスタイルが有効のようです。

夜のうちに入山し暗闇の中で息を潜めて待機する。もう普通の人間のやる事ではないですね(笑)一般の方から見れば「変態猟師」でしょう。でもこれしか方法が思いつかない(笑)

この山は標高400m程度の里山。日光連山のように標高が高く昼間でも鹿を目撃するような場所ではない。という事は朝や夕方の獲物の行動が活発になる時間に合わせて「一撃離脱」的な猟の方法が獲物との遭遇率は高そうです。

明日も今日より早く行きます!変態なんで(笑)