あれからもう10年…永遠の憧れの人…沢田泰司さん

今日は猟もスモーク関係ないけど…

今日は猟もスモークも全く関係ない話なんですけど、投稿させて頂きます。私には15歳の時から憧れの人がいます。その名は沢田泰司さん…元X JAPAN、ラウドネス、D.T.Rのベーシストです。
なぜ泰司さんの話をするのかと言うと7月19日で10周忌となり、7月12日は泰司さんの誕生日です。自分の思いを表現するのには今日がベストのタイミングかな?と思っての投稿です。

YouTubeの投稿

投稿した動画では泰司さんが在籍した第3期ラウドネスのアルバム「LOUDNESS」のwaking the deadをベースで生音で弾いています。もうこのアルバムは全曲カッコよくて全曲難しい…そんなアルバムでしたね。私の10代の中で最も聞いた一枚でしょう。waking the deadは大好きな曲でもあり技術的に難しい難曲でもあるので学生時代には完全コピーは出来ませんでした(笑)せっかく大好きな曲だし泰司さんの逝去後、10年という節目なので自分が泰司さんを追いかけた記念として「もう一回コピーしてみよう!」というノリでやってみました(笑)アンプからベース音は出てないけど(アンプの不調)バンドスコアに記載されてないフレーズまで耳で拾って弾いていますしコピーの完成度はそれなりに高いと思います。
1993年に買ったラウドネス時代の泰司さんのピック。バンド名の塗装は剥げたけど今だに大切に持っています

ちなみに弾いているベースも泰司さんのモデルの廉価版のベースです。でも当時の価格で120,000万でした。たまたま学校帰りに今市市の楽器屋で半額で売っていたのを目にして速攻で家に帰り親に懇願して「バイトして返すから!」と説得して即日購入しました(笑)購入した時は本当に嬉しかったなー。泰司さんに近づけたような気がして毎日弾くのが日課になっていましたね。

男が惚れる男…それがTAIJI

自分が泰司さんのファンになったのはラウドネス時代の1993年です。残念ながらX時代の泰司さんの事はテレビでたまに見ていた程度で覚えておりません。だからラウドネス時代の泰司さんにとても思い入れが深いのです。ベースプレイも本当にカッコいいし天才的なフレーズセンスを持っていた人だと思います。ルックスも色気があって男っぽい雰囲気でカッコいい人でした!泰司さんの事を何でも知りたくてファンクラブにも入っていたし、ファッションも真似してましたね。…テンガロンハットを買ったけど似合わなかった(笑)顔の形も同じしたくて美容整形とかマジで考えてましたね!

永遠のロックスター

泰司さんは俺にとって最も憧れたベーシストでありこれからも憧れ続ける永遠のロックスターです!どうか安らかにお眠りに下さい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です